アミティ化粧品ビセキシリーズ取扱正規卸販売代理店〜有限会社オネストコーポレーション〜 お電話でのご注文|0120-43-4079
FAXでのご注文|FAX用紙ダウンロードはこちらから アミティ化粧品ビセキシリーズお支払い方法
メールでのご注文は、こちらから
アミティ化粧品ビセキシリーズのオネストコーポレーションですアミティ化粧品(ビセキシリーズ)や、カリカセラピといった“ほんもの”商品を取り揃えておりますオネストコーポレーションご利用ガイドオネストコーポレーション買い物かごオネストコーポレーション会員登録お客様相談室
アミティ化粧品ビセキシリーズ取扱正規卸販売店 有限会社オネストコーポレーション
取り扱い製品|アミティ化粧品カリカセラピ

HOME > スキンケア・化粧成分用語集 > しみ

スキンケア・化粧成分用語集

しみ

一般に表皮メラノサイトがメラニンを過剰に生成した結果、皮膚に褐色の色素が沈着、発生した状態の事。しみといわれているものには老人性色素斑(光線性色素斑ともいう)肝斑、母斑、そばかす、黒皮症、炎症後の色素沈着等が含まれる。
しみができる原因はそれぞれ異なり、たとえば老人性色素斑(光線性色素斑)は俗にいう老人のしみであり紫外線にさらされる事の多い部位にできる大小の褐色色素斑である。
加齢と共に急速に発生頻度が増えるが、高齢者だけでなく繰り返し紫外線に晒される事により若年者にも現れる。肝班は、おもに30歳以降の女性の顔とくに頬、額、首などを中心に、生じる左右対称性の淡褐色の色素斑である。妊娠を機に発症し、薄くなったり消失したりすることも多いことから、女性ホルモンの影響が強いといわれている。

しみと紫外線
日光浴などで生じる黒化現象は、太陽光線の紫外線によってメラノサイトのまわりにある細胞が障害を受けるとともに刺激され、炎症とともにそれらの細胞から発せられる情報伝達因子(サイトカインなど)やホルモン様物質がメラノサイトを活性化させ、メラニンの生産を促進している状態である。
紫外線によってしみができやすいのは色の白い人である。
色の白い人は黒い人に比べて普段のメラニン合成が少ないため皮膚の紫外線防御能力は低く、日焼けによる炎症を起こしやすく、障害を受けやすい。
したがって、色の白い人ほどしっかりとした紫外線対策が重要ということになる。
このページのトップへ
アミティ化粧品総代理店オネストコーポレーション
フリーダイアル0120‐43‐4079または、029‐253-5324 FAX用紙をダウンロード お問い合わせフォーム アミティ化粧品総代理店オネストコーポレーション
Copyright(c) HONEST Corporation All rights reserved.